リソスフェア:サラリーマン、宇宙を語る。

ホーキング織野の

サラリーマン、宇宙る。

リソスフェアを語る。

トップページ地球科学の目次地球の内部構造リソスフェア

リソスフェアとは

地球は外側から地殻マントルで構成されている。
これらは、化学的な組成を基準にした分け方である。



ところが、地震波の伝わり方や造山運動などを考えるときは、化学的な組成よりも、硬さや弾力性など力学的・機械的な性質によって分ける方が便利である。



そこで、地殻とマントルを、力学的な挙動から、リソスフェアアセノスフェアメソスフェアの三つに組み替えてる分類方法が考え出された。


リソスフェア

地殻とマントルの最上部を合わせた層がリソスフェアである。
リソスフェアは岩石圏(岩圏)とも言われている。



地殻とマントルの境界面をモホロビッチ不連続面またはモホ面という。
モホ面はリソスフェアの内部にあることになる。




リソスフェアとプレート

リソスフェアは、十数個のプレートに分割されてアセノスフェアに浮かんでいる。
このため、アセノスフェアが移動するとプレートも移動する。



これをプレートテクトニクスという。



プレートには、大陸プレートと海洋プレートの2種類がある。
海洋プレートは薄く、密度が大きい。
海洋地殻を含んでいる。



大陸プレートは厚く、密度が高い。
大陸地殻を含んでいる。
プレートテクトニクスによって、沈み込むことはない。




日本の周囲には、4つのプレートが存在する。

このページのTOPへ




スポンサーリンク

参考文献・サイト

地球惑星物理科学
SOLID EARTH SCIENCE
Solid Earth

2008/02/16



スポンサーリンク

Amazon.co.jpアソシエイト



スポンサーリンク

Amazon.co.jpアソシエイト