新生代:サラリーマン、宇宙を語る。

ホーキング織野の

サラリーマン、宇宙る。

新生代を語る。

トップページ地球科学・固体地球の目次地球の地質年代新生代

新生代とは

新生代は、中生代の次に来る地質時代である。
現代は新生代に含まれる。



区分始まり
顕生代新生代第四紀260万年前
新第三紀2300万年前
古第三紀6600万年前
中生代白亜紀1億4500万年前
ジュラ紀2億年前
三畳紀2億5100万年前
古生代二畳紀2億9900万年前
石炭紀3億5900万年前
デボン紀4億1600万年前
シルル紀4億4400万年前
オルドビス紀4億8800万年前
カンブリア紀5億4200万年前
先カンブリア時代原生代25億年前
始生代38億年前
冥王代46億年前

新生代は次のような特色を持つ時代である。



新生代の区分

古第三紀

新生代の最初の区分が古第三紀である。
アルプスやヒマラヤで造山運動が始まった。
現在の海洋と陸地の分布がおおよそ整った。



新第三紀

新生代の二番目の区分が新第三紀である。
以前の第三紀が、古第三紀と新第三紀に分離された。

気候は温暖であったが、後半には寒冷化した。



第四紀

人類の誕生から現在までを指す区分である。
新第三紀と第四紀の境界をいつに置くかで論争がある。

このページのTOPへ




スポンサーリンク

参考文献・サイト

University of California Museum of Paleontology

2008/02/27



スポンサーリンク

Amazon.co.jpアソシエイト



スポンサーリンク

Amazon.co.jpアソシエイト