古生代:サラリーマン、宇宙を語る。

ホーキング織野の

サラリーマン、宇宙る。

古生代を語る。

トップページ地球科学・固体地球の目次地球の地質年代古生代

古生代とは

古生代は、先カンブリアン代中生代の中間にある地質時代である。
顕生代は、古生代から始まる。



区分始まり
顕生代新生代第四紀260万年前
新第三紀2300万年前
古第三紀6600万年前
中生代白亜紀1億4500万年前
ジュラ紀2億年前
三畳紀2億5100万年前
古生代ペルム紀(二畳紀)2億9900万年前
石炭紀3億5900万年前
デボン紀4億1600万年前
シルル紀4億4400万年前
オルドビス紀4億8800万年前
カンブリア紀5億4200万年前
先カンブリア時代原生代25億年前
始生代38億年前
冥王代46億年前



生物種の急激な増加(カンブリア爆発)に始まり、地球規模での大量絶滅までの期間である。





古生代は次のような特色を持つ時代である。



古生代の区分

カンブリア紀

古生代はカンブリア紀から始まる。
カンブリアとはウェールズ地方の古名である。
この時代の岩石がウェールズ地方から出土したことからカンブリア紀と命名された。
[..さらに詳しく見る..]



オルドビス紀

カンブリア紀の次がオルドビス紀である。
古生代の二番目の紀だ。
オウムガイ、三葉虫が栄えた。 甲冑魚のような魚類も登場した。



オルドビスは、ウェールズ地方に居住したオルドビス部族に由来する。
この時代の岩石はウェールズ地方から出土したからだ。



大気中の酸素が増加し、オゾン層が形成された。 [..さらに詳しく見る..]



シルル紀

古生代の三番目がシルル紀だ。
植物が陸上に進出し、昆虫が出現した。
脊椎動物も登場した。
南半球にはゴンドワナ大陸が出現した。



シルル紀の名称は、ウェールズ地方に居住したシルル部族に由来する。
ゴトランド紀という別名もある。
[..さらに詳しく見る..]



デボン紀

古生代の四番目がデボン紀だ。
デボン紀の名称はイギリス南部のデボン州に由来する。
この時代の岩石がデボン州から出土したことからデボン紀と命名された。



硬骨魚類が繁栄し、両生類が誕生した。
多様な魚類の化石が多く出土することから魚の時代と呼ばれている。



種子植物の誕生もこの時代である。
[..さらに詳しく見る..]



石炭紀

デボン紀の次が石炭紀である。
この時代の地層に多くの石炭が含まれることから、石炭紀の名称がついた。
古生代の五番目になる。

両生類が地上を開始し、爬虫類も出現した。
前半をミシシッピ紀、後半をペンシルバニア紀と区分するケースもある。
[..さらに詳しく見る..]



ペルム紀

古生代の最後がペルム紀だ。
ペルム紀の名称は、ロシアのペルミという都市名に由来する。
二畳紀と呼ぶ場合もある。

ペルム紀の末には、地球の生命史上最大の大量絶滅が発生した。
海生生物の95%以上が絶滅した。
三葉虫の絶滅はこのときである。
[..さらに詳しく見る..]

このページのTOPへ




スポンサーリンク

参考文献・サイト

University of California Museum of Paleontology

2008/02/27
2009/03/01



スポンサーリンク

Amazon.co.jpアソシエイト



スポンサーリンク

Amazon.co.jpアソシエイト