先カンブリア代:サラリーマン、宇宙を語る。

ホーキング織野の

サラリーマン、宇宙る。

先カンブリア代を語る。

トップページ地球科学・固体地球の目次地球の地質年代先カンブリア代

先カンブリア代とは

地球が誕生してから、カンブリア時代に入る直前までを先カンブリア代という。
先カンブリア時代は化石がほとんど見つかっていない。
これに対し、化石が顕著となるカンブリア時代以後を顕生代と呼ぶ。



区分始まり
顕生代新生代第四紀260万年前
新第三紀2300万年前
古第三紀6600万年前
中生代白亜紀1億4500万年前
ジュラ紀2億年前
三畳紀2億5100万年前
古生代ペルム紀2億9900万年前
石炭紀3億5900万年前
デボン紀4億1600万年前
シルル紀4億4400万年前
オルドビス紀4億8800万年前
カンブリア紀5億4200万年前
先カンブリア時代原生代25億年前
始生代38億年前
冥王代46億年前

顕生代は、化石によって時代を区分している。
しかし、先カンブリア時代は化石で区分することができないので、おおざっぱに原生代、始生代、冥王代に区分されている。



先カンブリア代は次のような特色を持つ時代である。



地球は、太陽系とともに、46億年前に誕生した。



誕生後まもない地球は、高熱のためドロドロの火の玉であった。
これをマグマオーシャンという。



鉄、ニッケル等の重い金属は沈み核となった。
軽い物質は浮かびあがった。
こうして、地殻マントルという層構造が作られた。



マグマオーシャンからは、水蒸気、二酸化炭素、窒素が放出され、原始の大気になった。



地球全体が冷えてくると、大気中の水分が雨になって降り海になった。



海中で生命が誕生し、やがて光合成を行うシアノバクテリアが繁殖した。
光合成によって海中に供給された酸素が、溶けていた鉄イオンと結合し、酸化鉄となって堆積した。
これが縞状鉄鉱層である。



7〜8億年前は地球全体が寒冷化し、海洋もすべて凍結した。
この状態をスノーボールアースという。



スノーボールアースが終わると、殻のない大型の無脊椎生物が出現した。
これがエディアカラ生物群である。

このページのTOPへ




スポンサーリンク

参考文献・サイト


2008/02/24



スポンサーリンク

Amazon.co.jpアソシエイト



スポンサーリンク

Amazon.co.jpアソシエイト